私らしい働き方をみつけませんか
事務職の知識

パラリーガルと事務員の違いとは!学歴不要の高卒でも勤務は可能か!

パラリーガルと事務員の違いとは何でしょうか。さらに学歴不要と記載があり、高卒でも勤務は可能か!もまとめましたよ。

パラリーガルと事務員の一番の違いは、パラリーガルは弁護士助手で秘書的なお仕事内容になります。

私自身もパラリーガルのに仕事内容については、あまり詳しくはわかっていなかったこともあったので、パラリーガルの仕事内容や学歴不要とあるけど、高卒でも勤務できるのか実際の現状も掘り下げてまとめて行きますね。

それでは、

パラリーガル

・パラリーガルと事務員の違いとは!
・パラリーガルになるに学歴不要だけど、有利な資格はコレ!
・パラリーガルの年収はどのくらいなの
・パラリーガルの仕事内容とは!
・パラリーガルは高卒からでもなれるの?!

このようにパラリーガルについて、気になる情報をまとめてみました。
実際に、調べたところ、仕事内容も勤務先の事務所によってもさまざまになります。

そして、女性が法律の仕事を責任をもってこなしている姿は、同性からみても、とてもカッコいいし素敵に見えますね。

また、女性は結婚や出産するとなかなか社会に復帰が難しくなりますが、経験があることでアルバイト・パート・派遣社員など無理のない形で長く続けていきやすい仕事であるので、女性にとっては魅力的な仕事のひとつと言えるでしょう。

しかし「転職活動を成功したい!」「憧れの仕事に就きたい!」との思いはあるもののどように、就職・転職活動をしたらいいか不安もあるでしょう。

そんな時は、一人で悩まずに就職のプロに相談することで、希望していた企業に内定が決まった!との嬉しい声もでている転職サービスがありますよ。

あわせて読みたい
ポジウィルキャリアの口コミや評判!転職サイトやエージェントとの違いについても 実際に転職を考えている人にとって、仕事を変えると言う選択は人生の大きな決断になりますね。 私自身も2度の転職をしていますが、本...

パラリーガルと事務員の違いとは!弁護士助手の仕事になる

まず最初に、パラリーガルと事務員の違いについて、掘り下げて解説していきますね。

パラリーガルとは ⇒ 弁護士の指示・監督の下で法律業務を行う法律事務員のこと。
主に、判例や法令を調査して、弁護士業務を助ける仕事になります。

そして、職業としては弁護士助手になり、パラリーガルと事務員とは明らかに違います。

さらに、パラリーガルの仕事内容も実は勤務する弁護士事務所や監督する弁護士の考え方で、かなり業務内容も異なるのが現状です。
確かに法律に関わる仕事になる為、取扱できる事も限られていますね。

そして、事務員とは文字通り事務処理を全般を請け負う仕事が中心になり、社長のサポート業務は秘書がいる為、事務員は基本はやりません。

パラリーガルも書類作成などをするので、事務員とも思われますが、あくまでもパラリーガルは弁護士のサポート秘書的業務もあるので、事務員とは大きな違いになりますね。

パラリーガルの詳しい仕事内容は、この記事の中盤にあるので、是非チェックして見てくださいね。

パラリーガルは学歴不要だけど、有利な資格はコレ!

 

に、パラリーガルになりたい!と思っている方は、学歴不要でもどんな資格を取ればいいのか気になるところですね。

実際に、パラリーガル特別な学歴や法律資格が必要ではなく、法律事務所等で働き、弁護士のアシスタントとして法律事務職につくことでなることができるのです。

しかし、資格は必要ないにしても、法律関係の知識がある方が仕事に取り組みやすい面があるでしょう。

そうしたことからも、同じくパラリーガルとして弁護士さんの助手の仕事をするといっても、司法試験に受からずに働いていた人と、ただの事務感覚でパラリーガルをしている人とでは、かなり知識の面からも差が出でくるのは間違い無いですね。

実際にパラリーガルを受けた体験を調べたところ、規模が大きい事務所ほど英語力が求められいます。

なので、法律知識はそこそこあるのに、実は英語力がなくて悲鳴を上げている人も多くいるのが現状なのです。

そのことからも、基本の法律知識があるとして、それ以外については、入社してから身につけていけるという感覚で、とにかく英語力磨いてTOEICで800点ぐらいは維持できるレベルにすることを重視するといいでしょう。

また、パラリーガルを志望するのであれば、求人はかなり少ないのでなるべく絞らないいくことをオススメします。

あわせて読みたい
女性が自立できる資格とは!転職に有利なスキルや事務職にオススメはコレ! 女性の活躍がどんどん高くなっていますが、実際に女性が自立できる資格って何があるのかとても気になったので、まとめ見ました。 ...

パラリーガルは高卒からでもなれるのか!可能性は極めて低い!

続いて。パラリーガルは学歴や資格が必要ないということですが、高卒でもなれるのでしょうか。
さらに、学歴があるなら有利な学校や学部もわかるといいですよね。

結論からすると、大手事務所で高卒採用の可能性はかなり低いと言えます。

もしかすると、個人事務所では採用する弁護士の基準によって、高卒でも採用することもあるようですが、あまり期待は出来ないと考えていいでしょう。

そして、現状からすると司法試験を目指している受験生がアルバイトをしている場合もあったりします。
司法試験で失敗している方々が、まずはパラリーガルとして応募する可能性も非常に高いのが現状になりますね。

そのことからも、パラリーガルとして採用されるのは、かなり狭き門といってもいいので、高卒はかなり厳しいと考えて、進学して先を見据えて進路を決めるといいでしょう。

大手法律事務所の実務家の先生の話によると、

大手法律事務所のパラリーガル採用情報は、法学部卒または法科大学院卒が原則とされており,それに加え,法的知識・法的思考力といった実質が重視される

加えて、大手事務所ほど英語力が重要とされているので、法学部+αで法律系資格も取っておくのがベストだと言えるでしょう。

パラリーガルの仕事内容とは!勤務先の分野によって異なるので注意!

それでは、パラリーガルの仕事内容を見てみましょう。
仕事内容は、勤務先の規模や取扱い分野、方針によって大きく異なります。

主な仕事をまとめてみると下記のようになります。

・弁護士が行う法律相談前に行う準備的な聞き取り
・弁護士が行う法律相談、依頼者との打ち合わせへの同席と記録
・法律、判例、文献の調査
・訴状、準備書面、証拠申出書、陳述書等の作成・起案
・裁判所にて行われる弁論、弁論準備への同席と記録
・裁判所にて行われる破産審尋問、免責審尋への弁護士との同席
・債務整理等における相手方業者との交渉

(引用サイト:弁護士費用保険の教科書

上記のような、仕事内容になりますが、実際の所は勤務先の求めてる仕事もさまざまあり、

・訴状や契約書のドラフト作成
・契約書の翻訳

・判例の検索
といった法律事務のメイン以外にも

・弁護士のスケジュール管理
・来客対応

といった秘書業務や付随する一般事務まで幅広く対応することが求められる場合があります。

このように、秘書、一般事務を中心に考えいる事務所に関しては女性の方が有利と考えられ、法律事務をメインに考えてる事務所については、男女問わず学歴などが優先されると言ってもいいでしょう。

あわせて読みたい
女性が自立できる資格とは!転職に有利なスキルや事務職にオススメはコレ! 女性の活躍がどんどん高くなっていますが、実際に女性が自立できる資格って何があるのかとても気になったので、まとめ見ました。 ...

パラリーガルの年収はどのくらいなの?事務所によってさまざま!

続いて、パラリーガルの年収はどのくらいなのか気になるところですね。
給与は、(参考基準)

・秘書業務が中心の場合 200〜350万円

・法律事務を中心とする場合 500〜600万円

金額をみてわかるように、実際のところは世間一般のサラリーマンと同等程度、もしくはそれ以下であることが多いといえます。

つまり、決して多い年収の部類には入らないということになりますね。

その理由としては、やはりパラリーガルの資格化がされていない面に影響があるといるでしょう。
そして、パラリーガルの条件としては、女性の方が有利になることが多いです。

ちょっと、意外かもしれませんが、パラリーガルは弁護士の助手ということからも、法的知識はさほど重要視されておらず、こちらはあれば良い程度とされているのが現状なのです。

なので、給料をみても男性より女性にあわせた給料体制になっているのではないでしょうか。

また、実際にはこのような声もあったのでご紹介します。

多くの事務所では東大出身者が高度な職務内容をこなし、誇りをもってパラリーガルという専門職として働いていて、給料だって今どき300万な訳が無いじゃないですか。普通、倍はもらっています。

このように、パラリーガルと言っても勤務する弁護士事務所によってさまざまになります。そして、東京など都心の大手の事務所と地方の個人事務所では、仕事内容も給料も違うと考えていくと良いでしょう。

パラリーガルと事務員との違いは、弁護士のサポート業務!

 

このように、パラリーガルの仕事は、前面に立つ弁護士が仕事を進めやすいように、気配りや気遣いをもちながら秘書業務や法律事務を通して、主体的にサポートしていく能力が求められます。

そのため、細かな気配りと高い事務処理力といった自分の能力を発揮しながら多くの女性が活躍できる仕事と言ってもいいでしょう。

法律の経験や勉強を積めばそれだけ専門性も上がり、貢献できる度合いも増していく点は仕事をしていく上でも、やりがいある仕事の一つとも言えます。

また、パラリーガルとして正社員でも働けて、その後は結婚や出産後もアルバイト・パート・派遣社員など無理のない形で、女性が長く続けていきやすい仕事であることも魅力のひとつです。

最後にパラリーガルについて、まとめてみると、

パラリーガルまとめ

・パラリーガルになるには特別な学歴や法律資格が必要なく、英語力があるといい。
・パラリーガルの年収は一般のサラリーマンと同等程度。
・パラリーガルの仕事内容は、法律事務、秘書事務、一般事務など幅広い
・パラリーガルは高卒採用の可能性はかなり低い

このように、パラリーガルとして働きたい!

と考えているのであれば、大学は法学部を専攻してプラス英語力を磨くことをオススメしますよ。

また、希望した企業になんとしても内定をもらいたい!
と考えている方は、プロのアドバイザーにしっかり指導してもらう事で、無駄な時間を省き内定のコツや心構えなどを相談することが出来ます。

迷いが有るときは一人で悩まずに、無料カウンセリングがあるので登録するのもいいですね

あわせて読みたい
ポジウィルキャリアの口コミや評判!転職サイトやエージェントとの違いについても 実際に転職を考えている人にとって、仕事を変えると言う選択は人生の大きな決断になりますね。 私自身も2度の転職をしていますが、本...